読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらげごはん。

くだくらげの食と料理の記憶をつづる

あさりと野菜のアヒージョ

f:id:kudakurage:20160505111446j:plain

アヒージョの楽しみは食べた後にもありますね。うまみの詰まった余ったオイルにパンを付けて食べたり、残りをパスタにしたり。

アヒージョ研究

お酒を呑むときはよくアヒージョを作ります。アヒージョはいろいろと試しました。エビはもちろん貝類、タコ、砂肝と。合わせる野菜やきのこも試しましたが、私はあさりとマッシュルームが一番手軽で大好きです。特にあさりはおいしい出汁がしっかり出て、しかも火を通しすぎても出汁が出すぎたカスカスの感じにならずおいしく食べられるのです。

マッシュルームはすごく美味しいんですが少し高いですよね。それで代わりに使えるきのこもいろいろと試したのですが、その中ではしめじが一番かなと思っています。オイルで煮ても食感が損なわれず、魚介の出汁を吸ってくれて、それでいてしっかりときのこの味も持っている。アヒージョにおけるきのこの存在が私は重要だと思っていて、実はきのこが主役だとも思っています。エビや貝の出汁をきのこがしっかり吸ってくれるので、きのこにいろんなおいしさが詰まってくれるイメージです。あと最近気づいたことですが、アヒージョにトマトを入れるのがおすすめです。オリーブとはいえオイル煮なので重くなりがちですが、トマトの酸味が口をさっぱりさせてくれます。口直しに食べるとずっとアヒージョを楽しめます。

作り方

あさりは事前に砂出しをしておきます。蓋ができる小さめの鍋かフライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたにんにく、赤唐辛子を入れて火にかけます。火はごく弱火で慌てずじっくり香りを出していきます。にんにくから泡が出てきたら水を切ったあさりを入れて蓋をしてあさりが口を開くまで火を通します。火の強さはそのままじっくりと。あさりの口が開いたらしめじを入れて一分ほどしたらヘタと額をおとしたオクラと半分に切ったミニトマトを入れて、オクラに火が通るまで蓋をして待ちます。一〜二分で火が通ったら塩をふって味付けしてできあがりです。

きのこはマッシュルームでもエリンギでも良いです。慌てずじっくりオイルで煮る感じで作ります。

材料(二人分)

あさり
一〇個程
オクラ
三本
しめじ
半株
ミニトマト
四個
にんにく
一欠片
唐辛子
一本
オリーブオイル
一五〇cc