読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらげごはん。

くだくらげの食と料理の記憶をつづる

たたききゅうり

f:id:kudakurage:20120616000356j:plain

あまり料理をしない友達にも教えてあげたらとても喜んでくれました。ほんとに簡単でおいしいので便利メニューです。

味を再現してみる

お店で食べておいしかったメニューを家で再現してみるということは昔からよくやっていました。友だちに勧められて居酒屋で食べたネバネバ野菜のゴマだれサラダはすごく美味しかったので、帰ってすぐに野菜を買ってきて作った覚えがあります。今回のたたききゅうりも京都の中華屋さんで食べたのがすごく美味しかったので、自分なりにアレンジしてつくってみたものです。その中華屋さんは酢豚がものすごく美味しくて、再現とまではいかないかもですが一度挑戦したいです。

最近、気になっているのは「京都の中華」という本です。外食をあまりしない私は京都の中華屋さんもあまり行ったことがないのです。大学の頃はよく近くの中華屋さんに行ったりして食べていたので、京都でももう少し散策してみたいなと思っていました。この本を参考にのんびりいいお店が見つけられたらいいなぁとおもいます。

京都の中華

作り方

きゅうりはへたを包丁でおとして、麺棒などでたたきます。割れ目ができるくらいの感じでたたいたら、手を使って適度な大きさにします。包丁で綺麗に切らずに、たたいたり手でちぎったりするほうが味が染み込みやすくなります。にんにくはみじん切りにして、赤唐辛子は細かく輪切りにしてきゅうりに加えます。白だし、ごま、ごま油も加えて和えます。お好みの味に合わせて塩を適量加えて味を整えたらできあがりです。

あっという間にできて、とっても美味しい簡単おつまみです。時間をおくときゅうりの水が出てきてしまうので作ってすぐ食べるのが良いと思います。浅漬にするレシピも試してみましたが、きゅうりのみずみずしさを味わうにはこれが一番良いと考えました。

材料(一〜二人分)

きゅうり
二本
にんにく
四分の一欠片
赤唐辛子
一本
ごま
適量
白だし
大さじ一杯
ごま油
小さじ一杯