読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらげごはん。

くだくらげの食と料理の記憶をつづる

夕暮れビールセット

f:id:kudakurage:20120604192128j:plain

サニーレタスのポン酢サラダと真鯵の刺身ねぎ塩麹のせと豆乳カルボナーラ風パスタとビールです。明るいうちにお酒を飲むのは幸せです。

土曜日の夕暮れのビール

大学を卒業してからは大学の先輩と一緒に飲む機会が増えました。それまではそれほど接点があったわけではないのですが、なぜだか卒業してからたくさんの先輩と仲良くなっていました。みんなお酒が大好きな仲間なので、旅にいくにしても何かやるにしても必ずお酒を飲んでいましたね。ビアガーデンに行ったり、知り合いのお店がオープンしたから飲みに行ったりといった企画ばかりでした。全然関係なくても打ち上げにビールを飲むのが常でしたしね。

ことあるごとによく集まったり遊びに行っていた先輩のおうちの近くには、名古屋ではメジャーな味仙という中華料理屋さんがありました。みんなで集まったときは晩ご飯は味仙にということもよくあって、私も大好きなお店です。味仙は名古屋にいくつか店舗があるのですが、そのお店には他の店舗にはない焼ききしめん(実際の名前は漢字で書かれててなんて読むのかわからなかったのですが…)というメニューがあって、これがまたおいしいんです。昼から飲んでいるようなこともよくあったのですが、晩ご飯で飲みに行く時もいつも明るいうちからでした。明るいうちから飲んでると夜が長く感じていいものです。

土曜日の夕方に味仙に行くと、お店に備え付けのテレビで名探偵コナンというアニメがよく流れていました。家族連れの方も多い庶民的なお店だったので、そうしていたのでしょうね。その時間に食事に行くこともよくあったので、その印象が個人的には強く残っています。京都に来てからはみんなと飲む機会がものすごく減ってしまって少し寂しいのですが、ときどきそのアニメを見るとそんなことを思い出したりします。

その頃もよく先輩のおうちで飲んでいたように、どちらかと言うと家呑みするのが私は好きです。好きなものを作ったり持ち込んだりして気兼ねなくだらだら飲めますしね。愛知にいる頃は近くのお気に入りのお店で買ってきた醤油たこ焼と安いスパークリングワインで、レンタルしてきた映画を見ながら飲むのが休日の楽しみでした。途中でうとうとしてきてしまって巻き戻してなかなか映画が見終わらなかったりするのですが、そういう感じも好きです。

ただ家呑みをしていると際限なく料理を作って食べられるし、際限なく飲んでいられるので気をつけようと思います。もうすぐ夏ですし、ビールの美味しい季節が楽しみです。