読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらげごはん。

くだくらげの食と料理の記憶をつづる

とん汁

とん汁

具材の組み合わせは無限大。寒い日には一味を少しかけて芯から暖まりたいですね。

暖まって、がっつり食べる

十二月になって、いっそう寒くなってきました。寒い日は暖かい汁ものがいいですよね。私は昔からみそ汁が大好きで、人生最後の日に食べたいのはやっぱりみそ汁です。 みそ汁もいろいろありますが、とん汁は少し特別ですよね。豚肉や野菜などの具材がゴロゴロっといっぱい入ってて、がっつり食べる感じですかね。みそ汁は飲む感じだけど、とん汁だと食べるっていうイメージかもしれません。

今回は、もっとがっつり食べる感じのとん汁にしてみました。だしと味噌だけでシンプルに作っても良いのですが、生姜やにんにくを使っています。生姜やにんにくは細かく刻んで最初に豚肉と一緒に炒めて香りを出します。香りや美味しさも増しますし、体もより暖まるんじゃないかと思います。これを入れるだけで結構違うんじゃないかと思いますよ。

干し椎茸を使って戻し汁も加えたので、より旨みが加わっているかもしれません。ただ単に、家にあったのが干し椎茸だったというだけですが。冷蔵庫の残り物でできる感じは嬉しいですよね。キャベツを入れたのも冷蔵庫にあまっていたからで、野菜は好きなものを好きなだけ入れれば良いですね。

 今回は使っていませんが里芋とかこんにゃくとかも入れたい感じですよね。あとは油揚げとか、きのこ類もいいですね。

私は愛知県三河地方出身で、味噌といえば赤味噌なのですが、京都に来て一年ですっかり白味噌に慣れてしまいました。今回のとん汁みたいに生姜やらにんにくやらを入れるなら、むしろ白味噌のほうが合う気もしますね。この前やったみそ鍋も白味噌でそんなかんじでしたし。ごまとかも相性がいいので、仕上げにひとつまみふりかけたり、ごま油でちょっとコクを出してあげるのも良さそうですね。お試しを。

材料(三〜四人分)

豚バラ肉
一〇〇グラム
大根
六分の一本
にんじん
三分の一本
ごぼう
三分の一本
キャベツ
三枚
干し椎茸
三コ
豆腐
三分の一丁
長ネギ
三分の一本
しょうが
一片
にんにく
三分の一片
かつおだし
適量
白味噌
大さじ三〜四杯
大さじ三杯